住宅を購入するなら生命保険もいるの?

住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った広告も目にしますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。
ただし、月々の返済は多くなります。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を買うとなると他の費用もかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。
住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査はとても厳重に行われます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
不合格の場合、残念ながら住宅ローのを組む事はできません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
だいたい、安くても数十万〜数百万単位の現金が必要となるでしょう。
住宅ローンの支払いをしているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。
その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。
繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。
繰り上げ返済をすると、ローン元金を減らす事が出来ますので、返済金そのものを減らす事ができます。
元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。
住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。
その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。
団体信用生命保険という保証の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。
これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。
という特別処置です。
団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
保証料は自己負担ではないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。

がん保険って必要?生命保険見直し【医療保険でもいいのでは?】