手っ取り早くETCカード作るならネット申し込みに限る?

いざという時持っていると便利なのが現金がなくても支払可能な1枚です。
買い物の支払いを済ませることが出来る機能の他キャッシング機能がついているのですぐにお金が必要な時にも対応可能です。
作る方法は沢山ありますが、手っ取り早い作成方法はネットから申し込みをする事です。
現在、ネットからの申し込みが主になっています。
インターネット以外の手法は作成した会社から送られてくる書類に必要事項を書き送り返す。
という郵送手段もあります。
ETCカードを使えば、高速道路料金が割引になるだけではなく、クレジットカードのポイントも貯めることができるのでかなりお得です。
ところで、ETCカードを選ぶ時のポイントとしては、年会費が無料のものが評判が良いです。
また、入会するといくらかのポイントが進呈されるキャンペーンを行っているETCカードも存在します。
申し込み方法としては、クレジット会社のHPから申し込むことが可能です。
電子マネーにも様々なヴァリエーションが増えてきて我々が日常生活で使っている「おサイフケータイ」もそれにあたります。
チャージという方法で現金を預けておいてその範囲内の金額で支払や決済に利用できるサービスです。
支払の際に財布を開ける必要が無いのでスムーズに会計を済ませることができるため便利です。
ついつい使いすぎてしまうキャッシュレスなカードとは違って前払いで入金しているので気兼ねなく使うことができます。
その上、借り入れではないため信用審査が不要ですから失業中の人でも利用できるので心強いですね。
クレジットカードの不正利用から会員を守るための保障制度があり、第三者に拾得され悪用された場合に名義人が受ける不利益を発行会社が弁済してくれます。
紛失、盗難にあったことを認識した場合は、直ちに警察に届け出るとともに急いで発行元に連絡を入れなければなりません。
不正利用があった場合は、最大60日までさかのぼって対応してくれますが警察に届け出をしていない場合は補償の適用はされません。
ネットでのオンラインショッピングでは番号や有効期限、名義を入力するだけで暗証番号もありませんから、簡単に不正利用されてしまいますので用心してください。
事前対策としては、やたらとあちこちのサイトに番号を登録しないことや毎月の利用明細を確認していればわかるので、きちんとチェックすることが大切です。

楽天ETCカードは年会費無料!【キャンペーンでポイント10倍?】